電撃

2012年7月31日 (火)

新刊コミック感想(2012/06)



  • 宮河家の空腹(1)
  • キャラ紹介,キャラへの質問,鉛筆書きイラスト,設定表等,おまけが良かったです.食費の質問に対する回答が安い時と酷い時だったのに笑ってしまいました.ちょっとファンタジー(原作者曰く)な貧乏ネタ,姉妹の絆,らき☆すたには無い恋愛描写が良かったです.だいすけの普段貧乏ネタでからかっているけど,ひかげが困っていたら猫を引き取る行動なんて,ニヤニヤものです.だいすけを好きなゆきなもカワイイです.こなたとかがみが登場したので,こっちでもそれなりに出番があると良いなと思います.カバー下表紙でひなたが登場したため,表紙に出られないフラグを立ててしまったというネタでした.ひなたが口から血を流しているのと,血の色がしっかり赤いのに笑ってしまいました.面白く,楽しめました.らき☆すたと違って,オタク視点があまり無いですね.



  • 学園キノ(3)
  • 静の変身シーンがマジふざけてる.ヴァヴァア・ザ・スーパー,演目アリソン(広告),ティー登場等々,ネタ盛り沢山でした.謎のか,木乃かの判断基準がおかしい件について.謎のガンファイターライダーを演じている木乃て.巻末に原作者2人のコメント○.



  • アナグルモール(2)
  • デコス,ボコヘルでガチバトル展開に突入しました.弱い能力で頭を使って倒すのは良いですね.バハムートがあっさりバラしてて笑いました.千羽がどうにかやり過ごせる時点で,マジンの頭の弱さは大したものだと思う.別に能力的に弱いのがバレても問題無い気がしてきた.ストーカーの能力高過ぎでした.実はマジンだったという展開でも特に驚かないレベル.アナグルモールの意味明かされず.引っ張りますね.



  • 妖狐×僕SS(7)
  • 色々なキャラが様々な感情を見せるので,密度が濃かったです.双熾の本音……不穏を匂わせておいて,全然そんな事無かったです.ただ好きなだけという.1周目の凜々蝶が助けた事がきっかけとか何とか.2周目ロリな野ばらがシリアスとコメディの両方で魅力的でした.連勝との溜息のやり取りが泣けます.1人そのままで生きている連勝は本当に良いキャラ.歓迎コスプレパーティーには吹いた.卍里の友達をする命.記憶の無い卍里だけが命の事を思った発言ができるのかなと.蜻蛉も何だかんだで良い奴ですよね.ロリな思紋はカワイさ,クロエの戦闘狂っぷりも良かったです.百鬼夜行は1周目で初めて,千年桜,23年前,次で2章が終わり最終章へ……と気になる事が多いです.



  • 輪廻のラグランジェ ~暁月のメモリア~(2)
  • 色々と解禁されてて吹きました.1巻より全然エロいじゃないですか.巻頭のカラーイラストでユリカノが脱いでていきなり驚きましたよ.そして,今回はサヌがカワイイし,エロかった.イゾにお姫様だっこされている時とか,メモリアを見せるために手ブラなシーンとか,タイトルイラストとか.表紙イラストのサヌは活き活きしてて良いですよね.それはそうと,話は一気にシリアスに.ユリカノ死亡,イゾとサヌが軍から逃亡,キリウスとアレイが軍入り,オービットの戦闘も描かれる等,1巻の頃のノリは一体何処に行ったのか.星に穴を空けたのがウォクスの力……だと…….あと,ドゥノミーから漂うエロさメモリアの候補っぽいけど,脱がないのかな.



  • 魔法陣グルグル外伝 舞勇伝キタキタ(6)
  • キタキタおあじ→チキ……勇者のイベントは大変です.勇者の剣入手.交換しようとするが,その場合は尻から……と,原作ネタ.チキの女装が妙に似合ってました.神と魔王から嫌われるキタキタおやじはある意味凄いです.巻末は相変わらず猫の話でした.カバー下は超能力を使おうとしているキタキタおやじ……が力技でリンゴを砕く.



[Next]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月15日 (金)

新刊コミック感想(2012/02)

  • ASURA'S WRATH ~廻KAI~(1)
  • 感想はこちらから

  • Angel Beats! -Heaven’s Door-(3)
  • 巻頭カラーページでいきなりの水着です.水着,地下,野田,椎名……という感じでした.死んだ世界戦線の強キャラは最初が敵な場合が多いですね.土から道具を作るという事を実演して見せてくれたのは良かったです.ユリのピンチに対する日向の超回復は,確かに主人公っぽいです.相変わらず,雰囲気が暗めでグロと流血描写が多いですね.話の間に,チャーがキュアポイズンをプリキュアっぽく想像してて吹いた.おまけのガルデモ組は安定の明るさ.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月24日 (火)

新刊コミック感想(2011/12)

  • らき☆すた(9)
  • ひよりのマル秘ネタ帳として,各キャラをひよりから見た視点でまとめてあるのは面白かったです.峰岸あやのがカワイかったです.各キャラが高校で出会ってばかりの頃の4コマがあったのも良いですね.いずみの兄はシスコンでした.モンハンネタは好きです.あきらの友人面々が皆一緒に年越し等をしたいと思っているのが良かったですね.あと,こなたがあきらのCDを買っているというのも.今回もアニメイト限定版を購入したので,Fate/Zeroのコスプレ表紙となりました.



  • 涼宮ハルヒの憂鬱(15)
  • 陰謀編終了.絵になると,したり顔で敵対してくる相手はウザいですね.原作分裂以降をさっさと読まないといけないなと思いつつ,まだ読んでいません.



  • GUNSLINGER GIRL.(14)
  • 最終巻の前に,序盤からの主要メンバが大体死にました.これには少し驚きましたね.ヘンリエッタとジョゼは互いを撃ち合って,トリエラとヒルシャーは何時の間にか死亡……前巻での活躍で終わりだったようです.今巻はリコの活躍が多かったですね.話の最後にリコが相手のライフルを構えて形勢逆転かと思わせておいて,次の話の頭でジャンを楯にされるという展開は熱かったです.ジャンがリコに礼を,また,リコがジャンに自身の希望(私のために生きて欲しい)を,おそらく初めて言うのにはグッと来ました.



  • ハルポリッシュ(2)
  • カバー下は表紙の女の子の服が斬られているというイラストで続けるようです.巻頭から着替えシーンとか,色気方向へ結構偏っていましたね.ハルの「斬り合ッテミタイ」,斬り合いの描写や返り血は迫力があります.ハルは非力なのに,刀だと振れるというのも良いですね.刀の扱いにキレそうになる,妹に変に思われる,一緒に昼食を食べる友達が居ない事を公言する等々,拝先輩の残念なイケメンっぷりは流石土塚先生と言えます.鞘師と呪いの話は良かったのですが.あと,裸御輿には大爆笑しました.



[Next]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 4日 (日)

新刊コミック感想(2011/10)

  • 灼眼のシャナ(10)
  • 遂に完結.6年で原作小説4巻分というのは非常にスローペースでした.ペースが遅いと感じるのは,普通のコミカライズとは逆でしたね.



  • 灼眼のシャナX Eternal song 遙かなる歌(3)
  • シュドナイの神鉄如意による途方も無い規模の攻撃の描写が良かったです.そして,“棺の織手”ティスに萌えました.何このカワイさ.あと,カバー下イラストの学園物は個人的にも読んでみたいですね.公式パロディとして.



  • 学園キノ(2)
  • ワンワン刑事は酷いですね.あと,キノの師匠が登場.……所々思わず笑ってしまったのが悔しいです.



  • 夜明け前より瑠璃色な Moonlight Cradle(3)
  • こちらも完結.おまけシナリオも含めて,丁寧にエステルルートを描き切っていました.



  • 魔法少女かずみ☆マギカ ~The innocent malice~(2)
  • 感想はこちらから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雑記(2012/12/04)

  • “「.hack//」完全設定資料集 .hack//Archives_03” 発売記念トークイベント&サイン会

 日帰りで行くだけなのはアレなので,スクライド オルタレイション TAOと映画けいおん!でも観に行こうかと画策中です..hack//T.E.分を補完できる何かを期待したいところです.前売り鑑賞券を買って行ったらサイン頂けるでしょうか.会場で売っていそうな気もしますね.

  • スクライド オルタレイション TAO

 SEEDとか,ひぐらしの印象が現状強いと思いますが,個人的な保志総一郎の代表作と言えばコレです.

  • 映画けいおん!

 サイン会関係無しに観に行く予定です.全国公開ですし.けいおん!!(2期)の方の感想は結局今の今まで放置状態になっています.感想のメモだけは残っているのですが…….ネタバレ見ない様に注意してます.とは言っても,そこまでストーリー自体にネタバレ危険要素は無いと思いますが.一応.新曲楽しみです.

  • ASURA'S WRATH

 面白そうなので,資金に余裕があれば買いそうです.ニコニコのアテレコ企画は,購入層にはハードルが高い気もしますね.時間が経てば増えるのでしょうか.

  • MONSTER HUNTER 3G

 ジンオウガ亜種と戦ってみたいです.何,この格好良さ.怒り喰らうイビルジョーは遭遇したくないレベルですね.これ絶対怖過ぎでしょう.あと,ドボルベルク亜種は非常に硬そうでしたね.怒ったら速いんだろうなぁ.ブラキディオスは……完全にパンチですね.これは.PSPか,PSVでの新作発表まだですかね~.

  • 魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's

 夏公開.一気にテンション上がりました.夏が楽しみです.微妙に色々とデザインが変わっているので,もっとイラストを見たいです.エクセリオンモードやザンバーフォームがどの様にメカメカしくなるか,気になって仕方がありません.ヴォルケンリッターのデバイスも気になります.冬コミにPVが登場すると考えると…….

  • 魔法少女リリカルなのはA's PORTABLE -THE GEAR OF DESTINY-

 何時の間にやら,今月発売ですね.キャラが多いので,前作よりは1人ででも持つと思われます.少なくとも,前作は1人で楽しむ用では無い気がしましたが.……とにかく,ストーリー期待です

  • 俺の妹がこんなに可愛いわけがない ポータブルが続くわけがない

 PVの一部に不穏な空気が漂ってましたが...

  • アイドルマスター

 完全にアニメだけですが,アニメは面白いですね.後半になって一気に面白さが増した気がします.

  • 真かまいたちの夜 11人目の訪問者

 ふたりでかまいたちのシステムがまさか2人で1つのPSVを使用とは思いませんでした.みんなでかまいたちには人が集まると良いですね.多人数で無ければ面白くないでしょう.あれ.予約特典のDVDの内容は興味深いですね.ニコニコチャンネルで1部見ましたが,昔からのファンには面白です.

  • Steins;Gate 比翼恋理のだーりん

 PSP版が発売決定して良かったです.しかし,Phantomの方は音沙汰ありませんね.

  • Persona4 The ULTIMATE in MAYONAKA ARENA

 アニメイトでPV見たら,俄然興味が沸きました.

続きを読む "雑記(2012/12/04)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月27日 (水)

新刊コミック感想(2011/04)

  • 未来日記(12)
  • 救いの無い2週目世界と全てが解決した3週目世界とのギャップと言うか,3週目世界における問題点が2週目世界から来た人間の影響で,トントン拍子に解決するのはある種の清々しさを感じました.これまで(2週目世界)の話はあくまで,雪輝の“未来日記”の話であって,これから先の話は“現実”であるという終わり方(最終話サブタイトル参照)も巧いと感じました.ともあれ,綺麗に終わってくれたので満足です.神の力を得たり,3週目世界で幸せな家庭を築いたり,みねねは実に愛されてますね.

未来日記 (12) (角川コミックス・エース 129-19) Book 未来日記 (12) (角川コミックス・エース 129-19)

著者:えすの サカエ
販売元:角川書店(角川グループパブリッシング)
Amazon.co.jpで詳細を確認する


  • おまもりひまり(8)
  • タマが小さくなりました.が,それでも露出させるとか,正気の沙汰じゃない…….GJ.棺のメタ視点を意識したサービスシーンはもっと過激な方が...緋鞠からの景気付けキスやボスを倒した後のご褒美発言等,どんどん性的な意味で際どくなってますね.酒天童子に寝取られかけた影響で,優人が緋鞠に積極的に迫ったのとか,本当にもうエロい.序列1位の土御門は良い奴っぽく見えますね.いいんちょが死亡フラグ立てた(空腹で行き倒れたタマを拾った)...

おまもりひまり 8 (ドラゴンコミックスエイジ ま 1-1-8) Book おまもりひまり 8 (ドラゴンコミックスエイジ ま 1-1-8)

著者:的良 みらん
販売元:富士見書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する


  • GUNSLINGER GIRL(13)
  • 初期化されたヘンリエッタ→暴走,片腕片足を無くして大ピンチのトリエラ……と今までに無い盛り上がりのため,非常に続きが気になる巻でした.そういう意味では,リコの安定感は半端無いです.原子力発電所のテロって今の時期よく出せたなと感心してしまいました.生き残った職員は個人的に好きですね.これ以後,出番があるとは思えませんが.イタリア講座は結構砕けてて分かり易かったです.

GUNSLINGER GIRL 13 (電撃コミックス) Book GUNSLINGER GIRL 13 (電撃コミックス)

著者:相田 裕
販売元:アスキー・メディアワークス
発売日:2011/04/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する


  • BAMBOO BLADE B(5)
  • ライバル登場で,ユウがどんどん少年漫画の主人公になってる気がします.ユウの試合が面白い思います.正論は間違ってないとも限らない.

BAMBOO BLADE B(5) (ガンガンコミックス) Book BAMBOO BLADE B(5) (ガンガンコミックス)

著者:土塚 理弘,スタジオねこ
販売元:スクウェア・エニックス
発売日:2011/04/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する


  • 魔法陣グルグル外伝 舞勇伝キタキタ(4)
  • キタキタがどんどんウザくなる漫画.闇の光を吸収したり,光を浴びて灰になったり,そこから復活したり……今巻は色々と変化しました.チキの扱いも変わらずに酷いですね.

魔法陣グルグル外伝 舞勇伝キタキタ(4) (ガンガンコミックスONLINE) Book 魔法陣グルグル外伝 舞勇伝キタキタ(4) (ガンガンコミックスONLINE)

著者:衛藤 ヒロユキ
販売元:スクウェア・エニックス
発売日:2011/04/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する


[Next]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月11日 (月)

メグとセロンⅥ 第四上級学校な日についての感想呟き

 最初は短編が4編かと思ってたのですが,そんな事はありませんでした.

 各章に意味があり,短編ではありつつも,全ては4章のラストに繋げるための伏線でした.

 まぁ,1章のセロン妹とメグ弟の電話は,この巻では独立していたのかも知れませんが,一体何処に繋がる伏線なのやら.

 2章は新聞部の顧問就任の話.最初の事件の犯人が顧問として帰ってくるというものでした.その顧問が4章のラプトア共和国の国費留学生の担当教員として繋がるのだから,巧いなぁと感心しました.

 流石にセロンが弟でない筈が無いと行った理由をマードックに聞いた場面では,セロンの方が人間味が無いなぁと思ってしまいました.まぁ,歴代の男性主人公がそんな感じなので,時雨沢先生らしいとも言えるのかな.

 3章のオリエンテーリングでは,メグがやってくれたという感じです.そして,ジェニーの恋愛話が意外と重要でした.現状に甘んじる事を良しとしない考え方の基がここで描かれた事で,4章ラストの提案が活きてくるというもの.これが無いと,ジェニーに好感を持つ事は難しいでしょうし.

 そして,4章.ラプトア共和国からの留学生が「あなた」と表記されるので,ただ単に,読者を小説の中の住人にする形式の中編かと思ってしまいました.が,ラストにおいて,ジェニーの発案により,セロンの気持ちをメグに知らされる事になるので,驚きました.

 これがどういう事態になったのか,次巻でどう展開するのか,非常に気になります.あと,1~2巻位で終わるのかも知れませんね.と思って,あとがきを読んでも,この作者は真面目なあとがきなぞ書いていないのである.

 今回のあとがきは,「セグとメロン」でした.

メグとセロン VI 第四上級学校な日 (電撃文庫) Book メグとセロン VI 第四上級学校な日 (電撃文庫)

著者:時雨沢 恵一
販売元:アスキー・メディアワークス
Amazon.co.jpで詳細を確認する


 余談ですが,久し振りに下書き無しでの感想を書きました.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メグとセロンⅤ ラリー・ヘップバーンの罠についての感想呟き

 謎解きパートは個人的に面白かったし,楽しかったです.

 親友のラリーに焦点が当てられていたという事もあり,前巻までとちょっと違った感じです.

 セロンを見ていたから,自分に好意を持っていない事に気付いた……というのは良かったです.

 ……時間を置いて感想を書くと,余分なものが抜け過ぎますね.

メグとセロン〈5〉ラリー・ヘップバーンの罠 (電撃文庫 し 8-31) Book メグとセロン〈5〉ラリー・ヘップバーンの罠 (電撃文庫 し 8-31)

著者:時雨沢 恵一
販売元:アスキーメディアワークス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メグとセロンⅣ エアコ村連続殺人事件についての感想呟き

 ……かなりうろ覚えです.

 殺人事件という事で,シリアスな展開.しかし,前シリーズまでとは違って,戦闘は控え目といった感じでしょうか.

 ニックの棒術が中々に意外でした.

 6人の考え方,価値観が面白い作品だなと実感したと思います.

 うん.流石に書けるほど覚えている事が少ないですね.

メグとセロン〈4〉エアコ村連続殺人事件 (電撃文庫) Book メグとセロン〈4〉エアコ村連続殺人事件 (電撃文庫)

著者:時雨沢 恵一
販売元:アスキーメディアワークス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メグとセロンⅢ ウレリックスの憂鬱についての感想呟き

 昨日,Ⅵを読んだので,感想を書こうと思ったら,Ⅲ~Ⅴの感想が絶賛放置中……折角なので簡単に覚えている範囲で書きます.

 メグが知らず知らずにセロンにダメージを与え続けている場面で笑いが止まりませんでした.

 好きならはっきりと直ぐに告白するべきという強い主張……セロンはさっさと告白しないと致命的ですね.

 恋愛モノとして読んでいたので,結末はどうせこうなんだろうなぁと思ってた通りの感じに終わりました.ミステリ要素が残念な感じになりましたが,まぁ,これは仕方ないですね.

メグとセロン〈3〉ウレリックスの憂鬱 (電撃文庫) Book メグとセロン〈3〉ウレリックスの憂鬱 (電撃文庫)

著者:時雨沢 恵一
販売元:アスキーメディアワークス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧