« 全損 | トップページ | 2012/04-06 他 まとめ »

2012年7月14日 (土)

劇場版 魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's 感想 簡易速報版

 劇場版 魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A'sを見てきました×2.

 初回目当てに行ったら,初回が目の前で満席になってしまいまして,結局夜までかかってしまいました.

 既に全てをまとめるには時間が全然足りないので,取りあえず,今思い付く感想のみを列挙します.

  • 八神家メインで進行するので,そっちに焦点を当てて見るとかなり感動する.
  • なのはの出番がちょっと少なく感じる.もっと,力押しを.
  • 息をつく暇が無い,“止まらない”,空戦のアクションが熱くて,素晴らしい.
  • 人気のある名言は残さず使われていた.良いね良いね.悪魔で良いよは,続く台詞が変わってたけど,それが良かった.分かってくれるなら悪魔で良い.
  • なのはとフェイトがかなり百合百合してた.自然に手を場面が多い.
  • ヴィータのカワイイ出番がやたら多い.
  • アイゼンの変形が格好良かった.ラケーテンフォルム良過ぎ.
  • 設定,展開の変更は特に気にならなかった.StrikerS以降の設定に合わせた発言をするようになってた.古代ベルカとか.
  • 新変身シーンが熱かった.格好良かった.空中で落下しながらの変身を2人でやるとか,1stとの対応ですかね.そして,はやての変身シーンに胸熱.リィンとユニゾンしていて格好良かった.
  • 新シールドがガチガチなデザインで大好き.
  • リィンフォースがマジ強い.
  • エクセリオンモードの危険性描写の言及が無かったので,なのはとレイジングハートの信頼描写と熱さがちょっと減った.
  • エクセリオンモードで,バリアジャケットが更にゴテゴテになった.◎
  • エクセリオンバスターA.C.Sが最高に熱いシーンだった.一押し.ストライクフレームがより凶悪になったね.
  • ザンバーが完全な斬艦刀.長い.
  • まさかのN&F中距離殲滅コンビネーション空間攻撃ブラストカラミティが登場するとは思わなかった.その威力に感動した.
  • 闇の書の闇(ナハトヴァール)攻略の際に,敵が止まらずに攻撃を仕掛けてくるので,フルボッコ感は減った.
  • なのは→ヴィータ,フェイトとシグナムの連携が良かった.なのははヴィータの道を開くために射撃でサポートしていたので,それ自体は良かったけど,大威力砲撃も撃って欲しかった.
  • つまり,ナハトヴァールの防御は多重なだけで,物理魔法の4層では無くなってた.
  • 騎士4人の中で出番の少なかったザフィーラもボス戦で面目躍如.
  • ユーノもラストだけに駆け付けてきて新魔法.よく分かってるスタッフ大好き.
  • トリプルブレイカーはもっと酷い威力になるかと思ってた.アルカンシェルの威力描写の方が半端無かった.そう言えば,ストライクフレームが出てなかった.
  • リィン消滅後,涙を我慢するはやてに,無理して強くなる必要ない,お前は今泣いて良い(スクライド風に改変)というなのはとフェイトが男前過ぎた.

|

« 全損 | トップページ | 2012/04-06 他 まとめ »

都築真紀」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140061/46328916

この記事へのトラックバック一覧です: 劇場版 魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's 感想 簡易速報版:

« 全損 | トップページ | 2012/04-06 他 まとめ »