« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月31日 (火)

新刊コミック感想戯れ語り(2012/06)[都築真紀]

  • 魔法少女リリカルなのはViVid(7)
  • 自分の本音をカリムに知られてマジで照れるシャンテがカワイイと思います.セイクリッド・ディフェンダーは見切りでかなり強いと思ったのですが,結局力押しに負けてしましました.まさか主人公がここで負けるとは思っていませんでしたね.セイクリッドブレイザーが結局不発で終わってしまったのが残念でした.四天星煌→天衝星煌刃はどう見てもオーバーキルでした.ブレイカーは格好良いです.あと,相手の魔力球を蹴って防ぐのが良いと思います.意識不明にドキドキしましたが,流石にスポーツものだけあって,危篤にはならないですね.前巻のコロナの戦闘が熱かった分,ちょっと地味だった気がします.ハリーの変身シーンはサービスでした.あとはリオが万能+パワータイプで驚いた位.裏表紙イラストはアインハルトがコロナをお姫様抱っこ……これ最高に萌えますね.



  • 魔法戦記リリカルなのはForce(5)
  • ヴィヴィオ登場でテンションが上がります.こちらでもカワイイですよね.ヴァンデイン社長が実に楽しそうな表情を浮かべていました.どんどん敵が社会的な悪党になっていきますね.ラプター他,ゴテゴテな新装備が色々登場し,自分としては嬉しいです.フォートレスに更に何か追加されないかなと期待しているのですが.フォートレス装備が体格的に無理なキャロ…….今巻ではシグナムとサイファーの再戦が熱かったです.グレンデル一家は割とあっさり捕まりましたね.慣性制御に吹いた.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新刊コミック感想(2012/06)



  • 宮河家の空腹(1)
  • キャラ紹介,キャラへの質問,鉛筆書きイラスト,設定表等,おまけが良かったです.食費の質問に対する回答が安い時と酷い時だったのに笑ってしまいました.ちょっとファンタジー(原作者曰く)な貧乏ネタ,姉妹の絆,らき☆すたには無い恋愛描写が良かったです.だいすけの普段貧乏ネタでからかっているけど,ひかげが困っていたら猫を引き取る行動なんて,ニヤニヤものです.だいすけを好きなゆきなもカワイイです.こなたとかがみが登場したので,こっちでもそれなりに出番があると良いなと思います.カバー下表紙でひなたが登場したため,表紙に出られないフラグを立ててしまったというネタでした.ひなたが口から血を流しているのと,血の色がしっかり赤いのに笑ってしまいました.面白く,楽しめました.らき☆すたと違って,オタク視点があまり無いですね.



  • 学園キノ(3)
  • 静の変身シーンがマジふざけてる.ヴァヴァア・ザ・スーパー,演目アリソン(広告),ティー登場等々,ネタ盛り沢山でした.謎のか,木乃かの判断基準がおかしい件について.謎のガンファイターライダーを演じている木乃て.巻末に原作者2人のコメント○.



  • アナグルモール(2)
  • デコス,ボコヘルでガチバトル展開に突入しました.弱い能力で頭を使って倒すのは良いですね.バハムートがあっさりバラしてて笑いました.千羽がどうにかやり過ごせる時点で,マジンの頭の弱さは大したものだと思う.別に能力的に弱いのがバレても問題無い気がしてきた.ストーカーの能力高過ぎでした.実はマジンだったという展開でも特に驚かないレベル.アナグルモールの意味明かされず.引っ張りますね.



  • 妖狐×僕SS(7)
  • 色々なキャラが様々な感情を見せるので,密度が濃かったです.双熾の本音……不穏を匂わせておいて,全然そんな事無かったです.ただ好きなだけという.1周目の凜々蝶が助けた事がきっかけとか何とか.2周目ロリな野ばらがシリアスとコメディの両方で魅力的でした.連勝との溜息のやり取りが泣けます.1人そのままで生きている連勝は本当に良いキャラ.歓迎コスプレパーティーには吹いた.卍里の友達をする命.記憶の無い卍里だけが命の事を思った発言ができるのかなと.蜻蛉も何だかんだで良い奴ですよね.ロリな思紋はカワイさ,クロエの戦闘狂っぷりも良かったです.百鬼夜行は1周目で初めて,千年桜,23年前,次で2章が終わり最終章へ……と気になる事が多いです.



  • 輪廻のラグランジェ ~暁月のメモリア~(2)
  • 色々と解禁されてて吹きました.1巻より全然エロいじゃないですか.巻頭のカラーイラストでユリカノが脱いでていきなり驚きましたよ.そして,今回はサヌがカワイイし,エロかった.イゾにお姫様だっこされている時とか,メモリアを見せるために手ブラなシーンとか,タイトルイラストとか.表紙イラストのサヌは活き活きしてて良いですよね.それはそうと,話は一気にシリアスに.ユリカノ死亡,イゾとサヌが軍から逃亡,キリウスとアレイが軍入り,オービットの戦闘も描かれる等,1巻の頃のノリは一体何処に行ったのか.星に穴を空けたのがウォクスの力……だと…….あと,ドゥノミーから漂うエロさメモリアの候補っぽいけど,脱がないのかな.



  • 魔法陣グルグル外伝 舞勇伝キタキタ(6)
  • キタキタおあじ→チキ……勇者のイベントは大変です.勇者の剣入手.交換しようとするが,その場合は尻から……と,原作ネタ.チキの女装が妙に似合ってました.神と魔王から嫌われるキタキタおやじはある意味凄いです.巻末は相変わらず猫の話でした.カバー下は超能力を使おうとしているキタキタおやじ……が力技でリンゴを砕く.



[Next]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コハッピー♪~コハエース戯言~

 「単行本化して もう何もこはくない」

 コハエースは,TYPE-MOON10周年を記念して,TYPE-MOONの歴史を振り返る漫画です.

 ストーリーはありません.内容はファンがTYPE-MOONを好き勝手に話している様なもので,ギリギリなディスりの方が多いです.

 単行本化したのが奇跡と言われるレベルで,私も出るとは思っていませんでした.

 手抜き感溢れる作画と,コハクのギリギリな発言がたまらなくなります.あとはコマの下で行われる座談会の自由奔放っぷりが良いですね.

 感想を列挙.

  • 巻頭イラストは琥珀詐欺.
  • キャラ紹介が酷い.
  • コハクがメガドライバー.セガ押しに笑った.
  • 話の間にあるおまけイラストのTMTVのロゴが個人的に好き.
  • 怒られる前に土下座して謝罪しているのに笑った.
  • 武内崇社長と奈須きのこ氏からチェックが入っているのにはびっくり.
  • コハエースは社長命名.それさえネタにするとは流石.
  • 帯のコメントがリアル過ぎる.
  • 帯の下に隠れた折り返しの部分に,武内,奈須両名のコメントがあって笑った.
  • カバー下にセイバーエースの表紙があるのは良かった.過疎ってる.

評価: 8 / 10 (勢いが好き)


 「コハクちゃんの勇気が型月を救うと信じて!!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

0_1~Fate/Zero アニメビジュアルガイド Ⅰ戯言~

 Fate/Zero アニメビジュアルガイド Ⅰの感想です.

 普段なら買わないのですが,Fate/Zero熱のせいで勢いで買ってしまった1冊です.Ⅱも買わなきゃいけない.

 ストーリーは細かく,おねがい!アインツベルン相談室までちゃんと解説されていました.実はそんなにがっつりとは読んでいません.

 良かった点としては↓の通りです.

  • イラストギャラリー
  • 誌上コメンタリー
  • ワード解説
  • 元になった神話

評価: 8 / 10 (標準値を記載.参考にならない評価)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お祭り案内~Carnival Phantasm オフィシャルガイドブック戯言~

 Carnival Phantasm オフィシャルガイドブックの感想です.OVA本編の感想はこちらから.

 本誌の章立ては以下の通りでした.

  1. イラストギャラリー
  2. キャラクターガイド
  3. ストーリーガイド
  4. 舞台裏ギャラリー
  5. キャスト&スタッフインタビュー

 良かった,印象に残ったページ,ポイント,内容等を列挙.

  • 表紙イラストがカワイイ.
  • 版権イラスト.
  • 映像を止めないとちゃんと見えないワイプイラストが見れる.
  • EDイラストが収録.
  • キャラクターの詳細設定.
  • 魔法少女(マジカルアンバー,カレイドルビー,マジカルカレン)のページが良い.
  • キノコ怪人集.
  • 小物,乗り物のデザイン.
  • ストーリーの説明は全てある.ショートやEX Seasonを含めて.
  • ストーリーの小ネタの説明.
  • ストーリー解説の下にタイガー道場コメンタリー.
  • 描き下ろしキノコ怪人.
  • 企画書「Moontype」.
  • 作画の注意事項.
  • 「ドキドキデート大作戦 解答編」誌上コメンタリーに笑った.
  • エピローグにおいて,アルクェイドとセイバーの会話はアドリブ.
  • 販売形態の没案として,全12巻パッケージのボックス仕様.
  • 没シナリオに温泉.
  • 放課後☆路地裏同盟には手間がかかってるらしい.
  • BOXイラストは可能な限りのキャラクターをというオーダー.抜けがあるらしい.
  • タイムスケジュールを書く等,ホワイトボードが重要.
  • 白き月姫ファンタズムーン THE MOVIEの絵コンテ収録.
  • 絵コンテのネコアルクTM,映画泥棒ネコアルクが良い.
  • 絵コンテにマーブルファンタズムの書き込み量が多い.

 読んでいて,スタッフの大きな愛を感じる事,コアなファン向けにお祭りとして楽しませようとしている事がよく分かりました.企画書のMoontypeが衝撃的でしたね.色々とネタ多過ぎでした.コマ送りにでもしないと全部は把握できそうにないですね.インタビューで,私の大好きな放課後☆路地裏同盟や超結集猫戦隊ゴレンニャーについて言及されているのは嬉しかったです.

評価:10 / 10 (良いガイドブックだった)


 4th Seasonは夢じゃ無さそうですね.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月30日 (月)

「ドットハック セカイの向こうに+Versus Hybrid Pack」 発売記念アンケート

 アンケートに回答して,壁紙を貰いました.

 DVD,BDジャケットイラストのカイト(そら)が並んだ壁紙でした.

 購入した人は積極的に回答しましょう.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サモンナイト公式サイトグランドオープン

 サモンナイト3のリメイクの追加要素が超熱いですね.マジで欲しかった要素全部あるんじゃないかと思うレベルのガチリメイク.完全版と言われても納得します.

  1. ブレイブバトルシステム強化(EXTRA BRAVE ORDER)
  2. サモンアシスト
  3. スキルマスターシステム(スキル取得)
  4. 必殺技の演出強化+追加(主人公に必殺技追加+抜剣後変化)
  5. 傀儡ユニットシステム(全てのキャラ使用可.レックスとアティ,生徒と生徒大人版を同時可)
  6. 戦闘会話
  7. 新規イベントイラスト
  8. 夜会話/エンディングギャラリー
  9. ダメージ予測,中断セーブ(前者はヌルゲー化の要因だと思うけど)
  10. 好感度占い
  11. 難易度選択(HARDは1周クリア後?)
  12. 料理追加

 サモンナイト5の方は,フォルスの装備が気になりますね.ゴテゴテした系統でくるのかと.また,序文を見る限りでは,4より結構な未来っぽいです.界の結界が無くなっているって事は,誓約者が結論を出したのでしょうかね.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ごはんに超合うんですけど弁当

 Family Mart×めちゃ2イケてるッ!のガリタ食堂の方を買いました.

 まさか,買うのが恥ずかしくなる弁当がコンビニに存在するとは思っていませんでしたね.

 サイズのためか,店員に温めるかどうかの確認さえされませんでした.レンジ使えないんでしょうね.

 食べてみましたが……“ごはんに超合うんですけど”とか言いつつ,8割主食じゃねーかと突っ込みを入れたい.いや,まぁ,ちゃんと品目を見れば分かる事なんですけど.カレーうどんがありとあらゆる意味でキツかったです.2度と買わないかなぁ.

 サイズ大(レンジ使用不可),容器・包装が特殊,高価格,カロリー大と,売れない,ある程度売れてたとしても,赤字にしか思えません.ネタとしてはそこそこ程度でした.

Sn3l0074 Sn3l0075

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新刊コミック感想(2012/05)

  • マテリアル・パズル ゼロクロイツ(9)
  • 女神の30指が再集結し,最終決戦となる最終巻.フュンフの魔法をパイナップルフラッシュにしたのはネタ過ぎると思いました.確かに,強力な魔法でしたが.ゼクスが1体で他のクロイツを押さえるとか,真紅虎龍牙は本当に強い.メルパトラ復活.回天が強いです.虹のボスラッシュと魔導鍵エクスレイブでの無双は熱かったですね.ゼロクロイツがタイトルに含まれている理由も分かりました.新たなクロイツの魔法である真紅虎龍牙,魔法以上の存在の命七乱月,命七乱月で生み出したマザーと並ぶ禁断五大魔のヘルキルデスベルとゴッドマシンはどこから出てきたんだか.クリムは最後の語り手として,全てを記録した書物を残す役目でした.まぁ,4章への期待や,残された謎への疑問を孕みつつ,最後のメルパトラの笑顔で全てが報われる気分でした.



  • ローゼンメイデン(7)
  • 巴がマジヒロイン.水銀橙がむしろ主人公の様な気がします.めぐが黒過ぎる.まかなかった世界にもまだ出番がある様ですね.更に暗くなってきました.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新刊コミック感想雑文(2012/04)[07th Expansion]

  • うみねこのなく頃に Episode4:Alliance of the golden witch(6)
  • 縁寿の肉片描写が中々にエグかったです.最後の戦闘描写も良かったです.ページの見せ方にインパクトがあったと思います.お茶会での1人残された戦人の検証は面白かったかな.裏お茶会でベルンとラムダが百合百合していたのが凄く良かったです.



  • うみねこのなく頃に散 Episode5:End of the golden witch(3)
  • 戦人「“本を読んでる”ってのはな,年にほんの百冊も読まないようなヤツが迂闊に口にしていいことじゃねぇんだぜ……?」は格好良い.ヱリカのヘタレっぷりに笑ってしまいます.ベルンとラムダの戦いは良かったと思いますね.ラムダの愛が重い.ドラノール登場……相変わらず唐突に訳の分からないキャラが増える.絶体絶命な状況を覆す戦人は格好良く描かれていました.割と推理とか考えず勢いだけを楽しむ様になってきた節があります.



  • うみねこのなく頃に散 Episode6:Dawn of the golden witch(3)
  • ヱリカの浮気調査の件は面白かったです.これも主観でしかないから,事実だったかどうかは分からず,調査したからこそ嫌気をさされた可能性もある訳で...魔法バトルは面白かったですね.その他,巻末の4コマとか,戦人とベアトのSDとか,カバー下とか良かったです.



  • うみねこのなく頃に翼(1)
  • ベルンカステルが唆した事に関わらず,絵羽の歩み寄りを幼少の縁寿が拒否して,そのまま絵羽との関係になっているのが事実なら,縁寿はある程度自業自得の人生を歩んでいた事になりますね.ゲームマスターはやりたい放題.シナリオを書くのは大変ですね.勤労感謝の日のプレゼント入れ替えネタには笑いました.深読みしてしまいますよね.郷田への印象は良くなりました.さくたろうについては地獄にぬいぐるみがシュールだなと.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新刊コミック感想(2012/04)

  • Fate/stay night(18)
  • セイバーが過ちに気付くところから鞘変換まで.特記事項無し.既に惰性.



  • Fate/Zero(3)
  • 桜強姦まで.限定版との差異無し.

    感想はこちらから



  • ハルポリッシュ(3)
  • 展開は至ってシリアスだが,ちゃんと温泉シーンは忘れない……どころか,地の文章で前置きしつつ,無理やりサービスシーンを入れてくるのには笑いました.拝先輩(イケメン)の残念っぷりは,流石の土塚節.ハルの妖刀と対話と,供養のための戦いは格好良かったです.霊との戦いで普通に刀が折れるとは思いませんでした.ハルの護身刀は強いですね.あと,普通の人でも霊を視認できるんだなと.シュンにはそれなりの見せ場でしたね.当面の問題は解消したけど,これからどう展開するのやら.おまけの刀知識はガチ.雛子のカバー下はそんなに際どくなかったです.



  • BAMBOO BLADE B(8)
  • 部長がSDから復帰したのが印象的でした.女子更衣室への侵入が完全にアウトになりました.ギャグキャラじゃなくなった分,これから出番がなくなりそうではあります.刀描写といい,古流剣術関連はハルポリッシュから逆輸入されている気がします.和田先生のダブルピースは狙っているとしか思えません.佐藤×伊藤○の誤植が直ってないですね.



[Next]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月28日 (土)

全てのセカイのプレイヤーに告ぐ―おはよう ギルティ~.hack//Memories語り~

 ドットハック感謝記念マガジン「.hack//Memories」の感想です.

 .hack//Memoriesは,「.hack」シリーズ10周年記念のファン向けの書籍で,CC2STOREで販売されております.所謂公式同人誌的なもので,内容としては,CC2スタッフ+αのコメント,イラスト集です.

 結論としては,「.hack」やCC2のファンにとっては買って嬉しい1冊になっていたと思います.

 CC2スタッフの開発秘話や愛の溢れるコメント,およびCC2アーティストのイラストは,読んでいて非常に面白く,楽しめました.SPECIAL GUESTとして,脚本(伊藤和典)やプロデューサー(NBGI)のコメントがあったのも良かったです.イラストでは,WAKAさんのカイト(そら)とブラックローズが好みでした.PCとリアルの両方が描かれているのがポイントです.

 そして,幾人かのスタッフから漏れる次回作の存在.タナトスレポートで全然終わってなかったので,それ自体は驚きに値しないのですが,相変わらず,そんな事漏らして良いのとは思わなくないです.まぁ,CC2STOREの販売だから,何かあっても怒られるのCC2だけだからね.

 松山社長の見開き漫画イラストで書かれている文章が印象的で,次が一体どうなるのか気になって仕方がありません.社長がこういうイラストでギリギリな範囲の新作ネタバレをするのは定例ですしね.

全てのセカイ(The World)のプレイヤー(冒険者)に告ぐ―
―おはよう ギルティ

判決 死刑

GOOD MORNING GUILTY

 The World終了のお知らせ(かも知れない).言葉の格好良さが良いですね.厨二心をくすぐる.

 あと,福田考代さんはコメントを書いている時に,新作の曲を作っているとコメントしているので,媒体もある程度絞られますね.ゲーム,OVA,サウンドドラマ辺り.

 2012年のCC2の働きっぷり(忙しさ)を見ると,ゲームだとしたらまたかなりの時間がかかりそうで怖いですね.アニメだったら,まだ年内の可能性が残されている……のかな.

 ゲームだろうと,アニメだろうと,3rd SEASON PROJECTでは今まででやっていない新しい事を仕込んでいる印象があるので,予想し辛いです.何か新しいネタありましたっけ.ここで満を持してのRPG(PS3)というのも新しいので一応ありですね.リアルデジタライズを使って,リアルとネットを生身で行き来するアクションAVGというのは奇抜過ぎるかな.

 その他,良かった点を列挙.

  • HISTORY OF .hack:作品の年表だけでなく,イベントの履歴も載っていた.
  • 新里さん:アウラの物語とのコメント.アウラへの愛を感じる.
  • 松山社長(コメント):「.hack」と言うか,もっと大きな枠でのコメントだった.
  • MAKING:皆原稿が早かったらしい.

評価:10 / 10 (ファン向けとして十分に良かった)

Sn3l0957


 .hack//Memoriesを含む「.hack」シリーズ新グッズ(7/10発送)は,7/11に受け取れなくて,7/12に受け取りました.クロネコの袋で送られてきて,段ボールじゃないんだと驚きましたね.

 他のグッズ(7/10発送)についての感想は事前に書いた記事の内容と変わりありません.

 ポストカードの一番上がブラックローズかと思っていたら,サクヤでした.

 .hack//PUCHIの缶バッチのシンボル(一回り小さい)が台紙から外れていた件について.他のキャラクターのものは,台紙の穴からピンを通して止めるのに,シンボルのものは,缶バッチのピンを引っかけるだけ.一応その上からテープ止めしてあるけど,8セット中2セット程度外れていました.何でさ.まぁ,工場での流れの手作業な気はします.

続きを読む "全てのセカイのプレイヤーに告ぐ―おはよう ギルティ~.hack//Memories語り~"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

だから私達は彼女をアウラと名付けた~.hack//Versus タナトスレポート語り~

 タナトスレポートは,.hack//Versusクリア後に視聴できる20分超の新作アニメです.

 ゲーム内ムービーなので,早送り,巻き戻しができないのは不満点でした.

 以降,ネタバレ.

続きを読む "だから私達は彼女をアウラと名付けた~.hack//Versus タナトスレポート語り~"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ドットハック セカイの向こうに+Versus Hybrid Pack THE WORLD エディション語り

  • ジャケット&豪華三方背BOX
  • 紋章が光って,顔の汚れているカイト(そら)が格好良いです.DVDジャケットの通常状態のカイト(そら)との対比は良いですね.

  • ミニサイズ劇場版パンフレット
  • パンフレット2冊持っているので,特に無し.

  • 特典DVD「.hack//Extension Disc」
  • .hack//LiVE 劇奏 ライブドラマ

    .hack//After 2021
    .hack//Long Horn
    .hack//Arena

    ライブドラマはやっぱり生の方が良いですね.観客の声はあまり聴こえないです.DVD化された事で公式のストーリーをじっくり鑑賞できるのが良いところです.声優の演技する時の表情を楽しむ事ができますが,それ自体はライブのスクリーンにも映し出されていましたしね.


    ドットハック パイロットフィルム

    Ver.1.0

    キャラクターの名前も違う別作品.恋愛要素が強そうな印象です.ヒトヒラがよく合っていると思います.PCの描写が.hack//G.U. TRILOGY風で良いですね.

    Ver.2.0

    シーン毎の描かれ方が違うダイジェストみたいな印象.ストーリーの展開は固まっている様でした.デビッドが格好良いです.リアル描写が普通のアニメなのと,ウィルスバグの描写が個人的にいまいちでした.

    例に違わず,広報の上手いCC2のムービーでした.“パイロット版”だけあって,共通して,面白そうな雰囲気を醸し出すための嘘が混じっている印象でした.「.hack」の設定的にログインすると,タウンの上空から落下してくるというのは流石に無いでしょうし.迫力はありますがね.あと,やっぱり完成版,劇場版本編の方が面白かったし,面白そうに見えるという結論でした.パイロット版の方向性で完成していたら,それはそれで面白かったかも知れませんけど,それは女神のみぞ知る.


    ドットハック セカイの向こうに

    ディレクターズエンディング

    ドットハック セカイの向こうにのエピローグに1シーン追加されただけ.最後のアウラが何処かに閉じ込められている描写になっています.ファンに向けたサービスが表向きが一般向けだったのでカットされたというところでしょう.見せられたら見せられたで,物凄くもやもやしていた気がします.

    柳川市特別住民票授与式

    後に取っ手があるのが印象的でした.

    初日舞台挨拶

    演技としては,そら→リアルとネット両方で大変,智彦→そのままでOK,田中→もっとボソボソと……という状態だったとの事.松山社長は安定していますね.

  • ジャケットサイズポスター集
  • ジャケットはどれも好きでしたし,サイズがコレクションには丁度良い感じで良かったです.

  • 劇場版絵コンテ集
  • 特典の中で一番厚いです.ある意味THE WORLD エディションの中で一番価値があるかも.カットされている部分も載っていたり,台詞が違っていたりします.

  • オールカラー48ページ設定資料集
  • 48ページなので,情報量は多くありません.ドットハック セカイの向こうにのPCデザインの一覧,および.hack//Versusのキャラクター(チムチム含む)一覧と着せ替え武器一覧が載っていたのが良かったです.早く完全設定資料集を出して欲しいですね.

  • 細川誠一郎描き下ろし特製収納BOX
  • BOX IN BOX.手に取って,全体のイラストを見ると感動しました.細川誠一郎が描いた主人公集合というのが最高です.

評価:10 / 10 (集大成)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Goddess bless “The World”...~.hack//Versus語り~

 .hack//Versusのレビュー記事(感想まとめ)です.

 .hack//Versusは,ドットハック セカイの向こうに+Versus Hybrid Packに収録されている「.hack」シリーズ最新作の対戦アクションゲームです.先に出た劇場版とのハイブリッドディスクとして発売されました.しかし,決しておまけではありません.(重要)

 ゲームは,似非ONLINEなストーリーを楽しむSTORY MODEと,ONLINE対戦可能なVERSUS MODEの2つに分かれています.

 STORY MODEは,ランク毎のステージをクリアしていくと,次のランクが解放されて,使用可能キャラクターが増える形式で進んでいきます.一定量クリアでイベントが発生し,ストーリーが進みます.途中BBS(YOMOYAMA RECORDS)を見て,情報を収集しなければいけないのはこれまでのゲームと同じですね.

 ストーリーとしては,「ゲームの中に取り込まれたプレイヤーを助けるため,主人公が謎の男“9”に協力する」というものです.具体的に書くと,「オンライン対戦ゲームVERSUS:THE WORLDのモニターに選ばれた主人公は,謎の男“9”(九竜トキオ)と接触する.9の話ではVERSUS:THE WORLDはCC社の(リアルデジタライズの)実験場であり,9はゲーム内に囚われてリアルで行方不明になったプレイヤーを助けるため,強制リアルデジタライズに対抗できる適格者(主人公)を探していた.CC社は,9の行動によるネットワーク障害をハッカーによる攻撃と発表する.身の危険を感じた9は主人公との接触を断ち,1人で行動するが,CC社に拘束されてしまう.しかし,9は既にプレイヤーを解放するための初期化プログラムを準備していた.主人公はVERSUS:THE WORLDのチャンピオンとなり,初期化プログラムを起動させる.」(自作あらすじ)です.

 主人公は一般モニターなのでYOMOYAMA RECORDSに書き込む事ができない状態で自分の意思表示する機会が無く,対戦は自身の技量で勝利する他無いので,完全に主人公が自分自身の分身です.加えて,VERSUS MODEでONLINE対戦可能な辺り,ゲーム内ゲームと実際の差が最も小さい作品になりました.

 ちなみに,仕方ないけど,9(トキオ)はSTORY MODEで使えません.VERSUS:THE WORLDのキャラクターじゃないし,本人だし.そう言えば,トキオの活躍は一般に広まる筈が無かったな.

 ハイブリッドディスクかつ対戦アクションゲームなので,ストーリーは短いです.また,主人公が一般モニターなためか,主人公側からは事件の全容が分からないので,その辺の補完を早めにお願いしたいですね.気になって仕方がないです.

 ラストボス(ドッペルゲンガー+オーヴァン+常時イクシード=AIDA解放)は,プレイヤーをVERSUS:THE WORLDに取り込むために,普通は勝てないという設定通り,非常に強くて,私は良かったと思います.これまでのシリーズの中で,一番ラストボスらしい強さだったと思います.

 ラストボス(各キャラクターの最後のバトルポイント)を倒すと,STORY MODEクリアでED(スタッフロール)が流れます.

 スタッフロールのムービーはThe Worldの各時代を示す背景(BGM:晴天桜花)と共にキャラクター達が年代順に登場していく(カイト+ブラックローズを除く)という形式で,次代の主人公に交代していくという描写に感動しました.最初にカイトが登場し,最後にアウラが現れるのが綺麗です.

カイト+ブラックローズ(2007)→司(2009-2010)→オーヴァン→ハセヲ(2016-2017)→+オーヴァン→トキオ(2020)→サクヤ(2022)→そら(2024-2025)→+バルドル+ゴンドー→全員集合→アウラ.

 キャラクターの動きだけで,色々な事を表現しており,ファンなら「ここはこういう台詞を喋っているに違いない」と妄想する事,受け合い.このムービーのためだけにモーション作ってると思うと愛を感じますね.

  • ブラックローズがお姉さんぶる.
  • カイトとブラックローズが司を立ち上がらせる.
  • オーヴァンがさっさと通り過ぎる.
  • ハセヲがオーヴァンを追いかける.
  • ハセヲの姿が1st→2nd→3rd→Xthフォームに変化する.
  • 変化するにつれて,背筋が伸びる.(成長の証)
  • 走りから歩きへと変わる.(Vol.3 歩くような速さで)
  • 歩いてオーヴァンに追い付く.
  • トキオがハセヲとオーヴァンの手を無理やり繋ぐ.
  • トキオの頭にハーミットが乗る.
  • ハーミットがサクヤに抱き付く.
  • サクヤはスキップで移動する.
  • そらを発見したそらがジロジロと見る.
  • サクヤの頭にハーミットが乗る.
  • まことさんにハーミットがぶら下がる.
  • そらと合流したバルドルとゴンドーが映画と同じリアクションをする.

全員集合

  • ブラックローズが司を引っ張ってくる.
  • サクヤがそらに飛び付き抱き付く.
  • ハセヲとオーヴァンは歩いて合流する.

 個人的には,ハセヲの一連の描写が非常に感慨深かったです.あと,トキオの三枚目っぷりとサクヤとそらが仲良さそうな描写が良かったですね.

 最後に,全員が集合する→そら(カイト)からアウラの力が出る→アウラの姿と「Goddess bless “The World”...」の文字で終わりという流れは最高に良かったです.「.hack」シリーズの10周年を感じる素晴らしい映像でした.

 歴代の主人公達は基本的に前代次代の主人公と接触する事が無いので,それが見れるというのも見所かも知れません.素敵な“繋がり”の描写だと思います.

 ユーザインタフェースのデザインが良く,また,ロードに対するストレスを減らそうとする工夫(インストール画面,ロード中のキャラクター紹介等)が盛り込まれていたのは地味に推したいポイントです.

 また,サポートアイテムと着せ替え武器,鑑賞モード(ALTIMIT PLAYER)等,欲しいおまけは全部揃っていたと思います.

 対戦モードであるVERSUS MODEは,OFFLINE,ONLINE,プラクティスの3種類で,一般的な対戦ゲームと同じ様なものです.特筆する部分は無いかな.

 総括

 良い点

  • 自分(.hack//Versusのプレイヤー)が主人公としてのストーリー.
  • ムービー「スタッフロール」(ED).
  • ラストボスの強さ.
  • ユーザインタフェースのデザイン.特にALTIMIT ABSOLUTE OSとVERSUS:THE WORLD.
  • 動きがスムーズで,ストレスの少ない操作性.操作は簡単.読み合いが面白い.
  • モーションが格好良く,コンボを決めるのが気持ち良い.
  • エリアルコンボアタック,クラックバースト,ジャストエスケープがある.
  • 「.hack」の設定に合わせたキャラクターの能力設定とゲームバランス.
  • 「.hack」シリーズ(RPG)のアクションを上手く対戦アクションに組み込んでいる.
  • 演出全般.特にイクシードとアルティメットスキル.あと,ジャストエスケープ.
  • データドレインが「.hack」シリーズ最高の格好良さ.
  • バトルコメント.
  • コンボ名,スキル名全般.および名称の統一感.
  • サポートアイテムと着せ替え武器の種類と量.武器の質感は良い.
  • VERSUS:THE WORLDのモニターに,「.hack」シリーズのキャラクターが居る.
  • ALTIMIT PLAYER,WALLPAPER,VS-PASS等,おまけが充実.
  • 全てのモデル,アルティメットスキル,サウンド,ムービーを鑑賞できる.

 気になった点

  • .hack//Versusの事件の全容が全然分からない.ストーリーが短いのは仕方ない.
  • ラストボス仕様が1回きりなのが勿体無い.
  • 相手の後側にカメラがあると,距離感が取り難い.
  • ハイブリッドディスクだから仕方ないとは言え,キャラクターが少ない
  • キャラクターの数と比べてもステージ数は少ない.
  • キャラクターデザイン,表情には慣れる.
  • 仕方ないけど,口パクが無い.
  • サポートアイテムと着せ替え武器の入手のための余分な手間が大きい.
  • それぞれのリストでキャラクターの並びが統一されていない.
  • おまけに微妙に不足している点がある.
  • ONLINEサーバが強くない.

評価:10 / 10 (ここまで書いたので減点できなかった)


 以降,項目毎の感想を列挙.

続きを読む "Goddess bless “The World”...~.hack//Versus語り~"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月27日 (金)

.hack//Versus リスト集

 .hack//Versus

  • STORY MODE
    • VERSUS:THE WORLD
      • LOG IN
      • VERSUS RANKERS
    • YOMOYAMA RECORDS
    • ALTIMIT PLAYER
      • モデルビューワー
      • アルティメットスキル再生
      • サウンド再生
        • BGM
        • VOICE
      • ムービー再生
      • カスタムBGM
    • WALLPAPER
    • VS-PASS
      • 閲覧
      • 編集
        • アイコン
        • 称号
        • メッセージ
  • VERSUS MODE
    • OFFLINE
    • ONLINE
    • プラクティス
  • OPTION

続きを読む ".hack//Versus リスト集"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月26日 (木)

雑記(2012/07/26)

 明日にしよう明日に.決められずに居たらまた時間切れだよ.

 CC2グッズの片割れは,今日発送メールが届きました.明日には来るでしょうね.受け取れるかな~.7/31にまとめて発送でも個人的には構わなかったかなと思います.タオル1枚のためにわざわざ申し訳ないです.向こうのミスは向こうのミスですけども.

 明後日は,.hack//Versus発売から1ヶ月になるので,それまでには感想を公開します.整形するだけなので予告.

 P4Uは買っていません.この数ヶ月は使い過ぎている.Amazonで予約可能になったせいで,Fate/Zeroに余分な1万円を投下した事になったのも痛いです.

 Fate/Extra CCC PV公開.サクラメイキュウは中々良さそうな1曲でした.雰囲気あってる……と言うか,曲名に桜w.ロゴが微妙に変わってるのか.Cが砕けましたね.発売日2/21て.これでAmazonからの無駄なメールが1つ減ると思うとそれなりに嬉しいです.と言うか,そろそろEXTRAクリアして置かないと詰む羽目になってしまいます.しかし,展開忘れたからやり直そうかなぁ...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月24日 (火)

2_4

 できるという思い込みが激しかったので,思いの他できませんでした.orz

 最近酷いにも程があります.

 そして,気付いたら寝てました.

 あまりに不規則で,体調崩しても自業自得な最近です.

 アウト.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月23日 (月)

x2x2

 サモンナイト1と2のために,PSNチケットを買ってきてしまいました.サモンナイトGREEについては普通にスルーのつもりです.市場として良いのは分かるけど,まだまだ新しくて整備されていない印象.

 ターン.

 PSP版3,4は勿論パッケージでという予定です.

 ついでに,Fate/ZeroのテレカとTYPE-MOON Fes.のパンフレットの入金も済ませました.後者は特にそれ以外が絶対に欲しいという訳では無かったので止めました.多分,イベント参加していれば何かしら購入したとは思いますが.

 Fate/Zeroの9月,PXZのために10月は3DSと,この辺は鬼門と化しています.8月はそれ以外が多そうで怖い.

 雑記として書く程の新しいネタはそれ程たまってなかったですね.まぁ,新ネタをどんどん更新するとか,自分には向いていないですし.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月22日 (日)

27_02

 何も無い筈なのに,ダルくて仕方ないです.う~ん.おかしい.

 そう言えば,サモンナイト3,4は発売日までの時間から移植かと思っていたらリメイクなんですね.買うしかないじゃないですか.もう.

 そして,思いの他,都月シナリオに対してマイナスな意見を持っている人が多くて驚きました.でも,SRPGの演出の仕方が気に食わないだけで,シナリオとは違う部分だった気もするんですけどね.まぁ,ゲームシナリオという部分では正しいですが,その部分は都月さんの手から離れた後の様な気が.

 リメイクの追加要素が具体的にどうなるのか,気になって仕方ありません.今年は「.hack」とTYPE-MOONが~とか思っていたのに,ここにサモンナイトが追加されるとは,今年は自分の趣味に関しては豊作な年と言わざるを得ません.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月21日 (土)

27

 うまうま.

 あ~讃岐うどん食べたい.(コンビニの冷やしぶっかけうどんを食べながら.)

 ちょっと時間が無くなったので,今日もこんな雑記.

 ようやく喉が落ち着きました.結構なストレスでしたね.今回.

 最近は敗北しか知らない.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月20日 (金)

夏戦争

 サマーウォーズとか見てると,ネットゲーム系の物語は,周りの分かってくれる数人でどうにかする作戦を立てて追い詰める,最後に関係の無い他人(大勢)が助けてくれる,それでも最後は主人公がどうにかするという展開が熱いなぁと思います.

 という,サマーウォーズでなく,「.hack」の話題です.セカイの向こうにでもそうでしたけど,王道が故に熱い展開ですよね.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月19日 (木)

しーん

 治ってきました.

 感想のメモを見直してたら,何か,完成してあるのに@公開してたと思ってたのに,公開していないネタがありました.一体どういう事だよ.俺.

 そうそう.今日一番嬉しかった事は,サモンナイト復活です.

 もう出ないかも,オフィシャルサイトが残されているからまだ期待できる……筈等々,無い様な可能性に縋って生きていたのですが,待ってた甲斐がありました.

 でも,特典があるとなると,サモンナイト3,4のPSP版も買う他無い……のか.ぐぬぬ.只の移植なら買う理由あまり無いんですよね...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月18日 (水)

しいん

 治らないので,今日はお休み.

 こんな中途半端な…….orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月17日 (火)

でぃどるでぃどる

 え,いや,その…….

 開き直れないからずぶずぶと泥沼な気がします.

 何か喉が痛いなぁ.マズい.風邪薬手元になさそう.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月15日 (日)

2012/04-06 他 まとめ

 更新が前後していますが,書いていた記事を公開します.

----------

 その他まとめて.

  • Tales Of Xillia 2
  • 錬装士に見える.

  • 鬼武者Soul
  • PVがガチアニメ.これを普通に見たい.

  • スパイク・チュンソフト
  • びっくりした.

  • 神次元ゲイムネプテューヌV
  • シリーズ全部違う世界だな.

  • Phantom PHANTOM OF INFERNO
  • 発売日が決まった……信じられない.

  • Steins;Gate 比翼恋理のだーりん
  • PSP版購入済.手が進まない.

  • ROBOTICS;NOTES
  • 欲しいけど,タイミングが悪くて買えない.綯見たい.

  • 魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's
  • 前売券買ったらとんでもなく大きかった.あと,ちょっとした事のついででチラシをゲットしてきた.

Sn3l0837

Sn3l0873

Sn3l0869Sn3l0875


  • 魔法少女リリカルなのはViVid
  • コンプエースを買う機会が増えると,読む機会も増える訳で.

Sn3l0842

Sn3l0833

Sn3l0860


  • ストライクウィッチーズ 劇場版
  • なのは前売券購入の元凶きっかけ.あの日見た.

Sn3l0872


  • O/A
  • 最近好き.ヤングエースが購読状態だからだが.

Sn3l0846


  • 07th Expansion
  • 特に新作には惹かれてない.うみねこ過ぎてから.

続きを読む "2012/04-06 他 まとめ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月14日 (土)

劇場版 魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's 感想 簡易速報版

 劇場版 魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A'sを見てきました×2.

 初回目当てに行ったら,初回が目の前で満席になってしまいまして,結局夜までかかってしまいました.

 既に全てをまとめるには時間が全然足りないので,取りあえず,今思い付く感想のみを列挙します.

  • 八神家メインで進行するので,そっちに焦点を当てて見るとかなり感動する.
  • なのはの出番がちょっと少なく感じる.もっと,力押しを.
  • 息をつく暇が無い,“止まらない”,空戦のアクションが熱くて,素晴らしい.
  • 人気のある名言は残さず使われていた.良いね良いね.悪魔で良いよは,続く台詞が変わってたけど,それが良かった.分かってくれるなら悪魔で良い.
  • なのはとフェイトがかなり百合百合してた.自然に手を場面が多い.
  • ヴィータのカワイイ出番がやたら多い.
  • アイゼンの変形が格好良かった.ラケーテンフォルム良過ぎ.
  • 設定,展開の変更は特に気にならなかった.StrikerS以降の設定に合わせた発言をするようになってた.古代ベルカとか.
  • 新変身シーンが熱かった.格好良かった.空中で落下しながらの変身を2人でやるとか,1stとの対応ですかね.そして,はやての変身シーンに胸熱.リィンとユニゾンしていて格好良かった.
  • 新シールドがガチガチなデザインで大好き.
  • リィンフォースがマジ強い.
  • エクセリオンモードの危険性描写の言及が無かったので,なのはとレイジングハートの信頼描写と熱さがちょっと減った.
  • エクセリオンモードで,バリアジャケットが更にゴテゴテになった.◎
  • エクセリオンバスターA.C.Sが最高に熱いシーンだった.一押し.ストライクフレームがより凶悪になったね.
  • ザンバーが完全な斬艦刀.長い.
  • まさかのN&F中距離殲滅コンビネーション空間攻撃ブラストカラミティが登場するとは思わなかった.その威力に感動した.
  • 闇の書の闇(ナハトヴァール)攻略の際に,敵が止まらずに攻撃を仕掛けてくるので,フルボッコ感は減った.
  • なのは→ヴィータ,フェイトとシグナムの連携が良かった.なのははヴィータの道を開くために射撃でサポートしていたので,それ自体は良かったけど,大威力砲撃も撃って欲しかった.
  • つまり,ナハトヴァールの防御は多重なだけで,物理魔法の4層では無くなってた.
  • 騎士4人の中で出番の少なかったザフィーラもボス戦で面目躍如.
  • ユーノもラストだけに駆け付けてきて新魔法.よく分かってるスタッフ大好き.
  • トリプルブレイカーはもっと酷い威力になるかと思ってた.アルカンシェルの威力描写の方が半端無かった.そう言えば,ストライクフレームが出てなかった.
  • リィン消滅後,涙を我慢するはやてに,無理して強くなる必要ない,お前は今泣いて良い(スクライド風に改変)というなのはとフェイトが男前過ぎた.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月13日 (金)

全損

 ポイント全損したので止めます.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月12日 (木)

↓→○

 SINのバカー…….さっさとクリアしやがれよ.トキオ助けろよ.

 Linkの体験版をプレイしただけの奴がトキオなら大丈夫と豪語していました.意味が分からない.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月10日 (火)

a little

 あぁ,ちょっと置いてるネタが腐ってきたなぁ…….

 さて,今日はドットハック Soraを購入してきました.ただそれだけ.

 物を置く場所が無くなってきたなぁ...

 そう言えば,今日は人気投票最終日でしたね.さて,最後の1票を入れるかな.

 あと,CC2のハンドタオルの片方だけ発送が遅れるという旨の連絡がありました.不思議な事態だなっと.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 9日 (月)

裏表

 久し振りにカラオケ行きました.

 やっぱり,新曲ネタ仕込んでいかないと楽しさ半減な俺が居る.

 その前にちょっと酔い潰れてたしな~.

 取りあえず,こっちの事を現実に持ち込まないで欲しいですね.本当.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 7日 (土)

表裏

 流石にマズいのは分かっているという体で,現状は最悪ですね.

 とリアルな話は置いておいて,さっき.hack//Extension Discを見てました.で,2D版ドットハック セカイの向こうにをチラ見しましたが,何と言うか,あれは間違いなく3D用でしたね.画面の大きさの影響もあると思いますが,迫力が違うと感じました.うん.

 そして,裏blogをどうしようかとちょっと考えた.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 6日 (金)

.hack//Versus プレイレポート Vol.3

 しばらく書いてないのは結局のところ,サボリと変わりないです.

  • イクシードの追加スキルの演出中に,イクシードの残りゲージが減らないのは良い.
  • アルティメットスキル発動時のスーパーアーマーは使える.大体のスキルの優先度より高いっぽいし.カウンターし易い.
  • ブラックローズは△溜め状態で移動できるので,CPU殺し.
  • 司とオーヴァンの遠距離攻撃もCPU殺し.安定.ブラックローズも含めて,CPU戦で苦労しない.
  • 各キャラクター最終ステージの攻撃力減+敵防御力増とか,防御力減+敵攻撃力増とか,組み合わせが中々にキツい.
  • サポートアイテムの有無で難易度は結構変わる.EDまで一切使わなかった俺の証言.
  • アイテム,武器入手のために,一々自分のプレイを再生する必要があるのは面倒.スキップできるのは救い.
  • ONLINEでラグがあると途端にやる気が無くなるのは駄目なんだろうか.
  • 対戦で,1手段頼みの戦い方されるとつまらない.それで負けたら凹む.
  • そら:レベル3を維持されると強い.レベル3でスキルと投げ中心で戦うのがスタイルか.通常攻撃の機会がほとんど無くなるっぽい.叩き付けられてダウンする直前にバーストで防がれて驚いた.
  • ハセヲ:動きが速いので,相手の隙に攻撃という実にスタンダードな戦い方になるのでは.対戦で他の人と戦った事が無いのでよく分からん.スキル後にイクシードできるのは隙が無くて良いね.追加入力のあるスキルが多くて,好き.
  • サクヤ:ハーミットのサポートが実にウザい.ハーミットが居なくなったら,結構弱体化するんじゃなかろうか.拮抗した状況下ではハーミットの存在がかなり大きい.ハーミットの位置まで気にしてられない.スキルの使い勝手も非常に良い.あと,イクシード発動の隙が少ないな.
  • 司:遠距離一択.近付かれると厳しい.ガーディアンの攻撃はハーミットの利便性より低い気がする.強い奴のプレイを見てみたいな.近距離スキルのガンボルグの性能,具体的にはリーチがもっとあればと思う.中空バクドーンは正面に攻撃が出るのが良い.バクドーンの威力は本当に高い.
  • オーヴァン:イクシードするまではシューティングゲーム.司相手にはキツい.イクシード後のリーチと攻撃力は本当に強い.真の三爪痕は威力が高いけど,隙が大き過ぎて,カイトの三爪炎痕よりは使い辛い印象.
  • カイト:データドレインでチムチムにしても速度が速いので致命的な状態にはならないんだなと.素早く空中を移動しながら,飛び道具を撃ってくるカイトには感動した.総合的に見ると,一番バランスが良いと思う.相性の悪い部分がほとんどない.三爪炎痕は使い易い.イクシード時間長くて良い……と言うか,ハセヲが短過ぎる.
  • ブラックローズ:スーパーアーマーで攻めるのが基本だけど,隙が大きい分,気を付けないと直ぐに攻撃を食らう.
  • 9:スキルの性能が高い.一人ユニゾンコンボには笑った.L1+△からの追撃が楽しい.イクシードの重複時間が強過ぎる.イクシード中にL1+□で,そして時は動き出すの演出は個人的に好き.重複時間以外,逃げオンリーの相手と戦って負けた時の絶望感半端無い.いくらなんでもその戦い方はつまらない.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »